VIOの医療脱毛に必要な準備・注意点

脱毛の中でも、VIO脱毛は特に勇気が要ります。
場所が場所なので人によってはコンプレックスをさらけ出さなければいけませんし、脱毛前に必要な準備や、脱毛のときの痛みも気になるところです。

この記事では、VIOを医療脱毛するために必要な準備や、注意点などをご紹介します。
VIO医療脱毛を検討している人への後押しになれば幸いです。

VIO脱毛する前の準備やカウンセリングについて

まず、VIOの医療脱毛を受ける前に、VIOのどの部分を・どこまで脱毛するかをしっかりと決めておきましょう。
Oのみの場合は簡単ですが、V・Iは人によってどこまで脱毛したいかという範囲が変わってきます。
パートナーがいる場合はパートナーに相談してみるものおすすめです。

脱毛の範囲が決まったら、勇気を出して医療脱毛をおこなっているクリニックに予約を入れてみてください。
施術に関する説明をしっかりと聞いて、施術当日に慌てないようにしましょう。

また、施術前にカウンセリングがありますが、気になることがあったら予約の段階で質問しておくと不安が少なく済みます。
施術にかかる料金等を確認しておくことも大切です。

医療脱毛当日になったら、施術前に自分で脱毛する部分の処理をしましょう。(クリニックで剃毛処理をしてくれる場合もありますが、多くの場合有料なのでご注意ください。)

ここで最も大切なのは、毛抜きでの処理ではなく必ず剃毛処理をするということです。

医療脱毛では毛に反応するレーザーを使用するため、毛を抜いて処理してしまうとレーザー脱毛の効果が得られなくなってしまいます。
また、剃毛処理には皮膚への負担が少ない電気シェーバーを使用するのがおすすめです。

事前に買っておいて、脱毛当日までに何度か試用しておくといいでしょう。もし、毛を残したい部分まで誤って剃毛処理してしまった場合は、医療脱毛の際に担当医にそのことを伝えてください。

そしてクリニックに行く前に、デリケートゾーンを洗って清潔にしておきましょう。相手はプロですが、施術部分はあらかじめきれいにしておくのがマナーです。

洗う時間がない場合は、ウォシュレットやデリケートゾーン用のウェットティッシュなどを使用し、できるだけ清潔な状態で施術を受けられるようにしましょう。

クリニックに行けば、施術の前にカウンセリングがあります。そこで詳しい施術の流れの説明を受けると共に、担当医と相談しながら、どこをどこまで施術するかを決定します。

説明を受けた時点で「やっぱりやめよう」という気持ちになったらもちろん施術を受ける必要はないので、担当医にその旨を伝えましょう。

VIO脱毛の施術中や施術後の注意点

施術個所や施術範囲が決定したら、いよいよ医療脱毛です。
施術中はレーザーから目を守るためのゴーグルをはめなければいけないため、幾分か羞恥心は和らぎます。

それよりも注意しなければいけないのは施術の痛みです。
VIOはデリケートな部分なので、腕や足などの部位よりもどうしても施術の痛みを感じやすくなってしまいます。

施術前後や施術の間は、痛み軽減のために冷却ジェルやアイスパックなどが使われますが、パチンパチンと輪ゴムで打つような痛みがあることは覚悟しておきましょう。
施術中、どうしても耐えられないと感じたら我慢せずに担当医に伝えてください。

施術が終わったら消毒材や消炎剤を塗られ、終了です。
施術後に不安を感じたら、自分で塗るための消炎剤をもらえないか確認してみると良いでしょう。

このように、VIOの脱毛には施術前の準備や注意点がいくつかあります。
また、個人差はありますが、施術中の痛みは覚悟しておくことが必要です。

しかし、医療脱毛には施術後すぐに脱毛効果を実感できるというメリットもあります。
VIOにコンプレックスを抱いている方は、勇気を出してVIOの医療脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ