レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いを比較

脱毛方法には大きく分けて2種類があります。一つは医療脱毛で行われるレーザー脱毛、もう一つは脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛。

この2つの脱毛方法はどのような違いがあるのか気になりますよね。
この記事では、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いを比較して解説していきます。

レーザー脱毛の仕組み

まずレーザー脱毛について簡単に説明すると、言葉の通りレーザー光線を使用した脱毛方法です。

複数の種類があり、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーが脱毛の際に使用されるレーザーです。

そして単一の波長の光を増幅したレーザー光線を脱毛したい場所に照射していきます。波長の長さにより、特定の色、物質に対して作します。

そして青、赤、黒の色を反応して毛母細胞を熱で破壊していきます。これがレーザー脱毛の仕組みで、毛母細胞のメラニン色素に反応するので、表皮、周辺の細胞はダメージを受けません。

この方法を選択的光熱治療と呼び、脱毛だけではなくホクロ、シミといった治療にもレーザー脱毛が使用されています。

またレーザー脱毛のことを医療レーザー脱毛と言うのは、レーザー脱毛は医療機関であるクリニックでしか施術が受けられないからです。

光脱毛は無資格者が扱うことが出来ますが、レーザー光線は出力が大きいので、医療従事者のみが施術を行えます。それ故に効果が高いのが特徴で、永久脱毛が可能です。

フラッシュ脱毛の仕組み

次にフラッシュ脱毛について簡単に説明をすると、光を使用した脱毛方法です。

フラッシュ脱毛は基本として脱毛サロンで施術を行いますが、このフラッシュ脱毛のことをサロンによっては光脱毛、フラッシュライト脱毛、IPL(インテンスパルスライト)、SSC(スムーススキンコントロール)と表記するケースがあります。

ですが基本的にどれもフラッシュ脱毛のことを指し、フラッシュ脱毛は光の熱エネルギーの働きによって脱毛の施術を行います。

毛根部分に複数の波長を絡めた光で広い範囲に照射する仕組みなので、レーザー脱毛と比較して施術時間は少なくて済みます。

ただ光を当てて毛の再生力を抑える効果はありますが、毛乳頭は破壊されないので、厳密に言うなら脱毛ではありません。

実はフラッシュ脱毛はあくまで減毛、抑毛というのが現状です。あとフラッシュ脱毛の特徴は光の出力が一定に制限される点です。

だからレーザー脱毛と比較すると大分光の出力は弱いと言えます。それ故に医師免許を所有していないエステティシャンでも安全に施術を行うことが可能です。

資格が不要な脱毛方法であることから、クリニックでの脱毛を選べばレーザー脱毛、サロンでの脱毛を選べば自動的にフラッシュ脱毛を選択したことになります。あと一般家庭で使うことが出来る家庭用脱毛機器も原理はフラッシュ脱毛と同じです。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違い

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いは光の出力の差、波長の違い、資格の有無の3つを挙げることが出来ます。
つまりどちらも脱毛するといった目的は同じですが、完全に別物と言えるでしょう。そして施術を行う機関も明確に区別されています。

フラッシュ脱毛を行うのが脱毛エステサロンで、レーザー脱毛を行うのが医療機関、クリニックです。他にも小さな違いを挙げるといくつもあり、レーザー脱毛の方が脱毛効果が高い分出力が大きいので、痛みも強くなります。

それに対して脱毛サロンはレーザー脱毛程痛みはなく、フラッシュ脱毛の方が照射範囲が広いので施術スピードが早い、肌への負担が少ないと言えます。

それなら痛みに弱い人は脱毛サロンの方がいいと思うかもしれませんが、クリニックなら希望次第で麻酔を使用することが出来ます。だから痛みに対して不安がある人は事前のカウンセリングで相談をするといいでしょう。

脱毛サロンは麻酔は使用できないのでその点も違うと言えます。他にも脱毛が完了するまでの回数と期間も異なります。
フラッシュ脱毛は完了するまで18回前後通う必要があり、レーザー脱毛は5回から8回で終了します。完了するまでの期間としてはフラッシュ脱毛は3~4年、レーザー脱毛は1~2年程と言われています。

ただ近年は最新の脱毛器を使用している所だと回数が減り、期間も短くて済む場合もあります。

あと費用に関してはフラッシュ脱毛の方が安価に抑えることが可能です。レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と比較すると若干高いと言えますが、医師による施術を受けることが出来るのでアフターケアは万全です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ