介護脱毛の意味やメリットと注意点

介護脱毛という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これは介護を受けるような人にとっては知っておくべき概念になります。
介護脱毛というのは、介護を受ける立場になりそうな人があらかじめ脱毛をしておくというものです。

実際、介護脱毛とはどのようなものか?どの部位を脱毛することなのか?詳しく解説します。

介護脱毛は主にアンダーヘアを処理すること

主にアンダーヘアの部分を剃ることが介護脱毛とされていますが、他の部位も含む場合があります。
では、なぜ介護脱毛が必要なのか?介護を受けるにあたってアンダーヘアを剃っておくべきなのか?というと、衛生面の問題が関係しています。

介護を受けるような人は、基本的に高齢者であり、高齢になればなるほど免疫力が低下していきます。
それが原因で肌のトラブルなどが起きやすくなるのですが、それを加速させる可能性があるのがアンダーヘアなのです。

アンダーヘアがあると、主に排泄をするときに排泄物がどうしても毛に絡まってしまい、その状態が長く続くことで皮膚にも影響してしまうのです。
免疫力が高ければまだマシなのですが、高齢者は総じて免疫力が低下してきているため、肌が荒れてしまうことが多くなりやすいのです。

だから、その原因を根絶するために排泄物が毛に絡まないように、あらかじめ介護脱毛をして剃っておくということになります。
介護施設で生活をしていればスタッフの人がちゃんと綺麗にしてくれるはずではありますが、リスクは少しでも低くしておいた方が良いとも言えますから。

また、介護スタッフが綺麗にしてくれるといっても、彼らの負担はかなり大きいのです。
介護する相手は大人なので、身体がそれなりに重いですし、そういった大人を介護するときの負担を考えたときにはあらかじめアンダーヘアは沿っておいた方が良いと考える高齢者もいます。

大人相手で、排泄物が毛に絡んでいる状態を綺麗にする手間というのは、結構大変と言えますから。
つまり、自分の肌の状態を懸念した場合だけではなく、介護する人のことを思って介護脱毛を決断する人もいるのです。

介護をするということは彼らの仕事と言えると思いますが、少しでもスタッフの負担を軽くしたいと思うならば、介護脱毛はおすすめということになります。
介護脱毛をすることのメリットとしてはこういったところになりますけど、介護脱毛というのは介護施設で脱毛をするということではありません。

介護脱毛と聞くと、介護施設での脱毛という状況をイメージするかもしれないですが、介護脱毛というのは介護に備えて脱毛をするということなので、脱毛をする場所は一般的な医療クリニックなどになります。

介護脱毛の注意点

しかし、介護脱毛には1つ大きな注意点があり、それはできるだけ早めにやっておくということです。
早めにやっておくことをお勧めする理由としては、アンダーヘアが黒いうちにやっておいた方が良いということが言えるからです。

アンダーヘアを脱毛する際に、毛が白くなってしまっている人というのがいますが、そうなってしまうと脱毛が難しくなってしまうのです。
毛が白くなればなるほど、脱毛の際に使うレーザーや光それ自体が反応できない可能性があるのです。

こういった機器は毛の黒色に反応することで、そこだけを的確に脱毛していくことになるので、黒色が重要と言えるのですが、アンダーヘアが白くなってしまっていると、脱毛ができない可能性もあるということになります。

アンダーヘアが白くなってしまうタイミングは個人差があるので、一概に何歳までやっておくべきとは言えないものの、1つ言えることはできるだけ早くやっておいてほしいということなのです。

介護脱毛をやろうと思ってはいるものの、今はいいやとか思っていると、できなくなってしまう可能性があるので、介護脱毛を検討しているならばそのことはちゃんと頭に入れておかないといけないのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ