蓄熱式脱毛の特徴。バルジ領域や痛み、効果について

医療クリニックを選ぶ基準の1つに、痛みがあります。施術を受ける前に、痛くないかどうかを確認している方も多いです。

最近では医療クリニックによって蓄熱式の施術を行っている事があります。痛みが気になる時は、蓄熱式脱毛の施術も検討してみると良いでしょう。

そんな蓄熱式脱毛とは一体どのようなものか?バルジ領域とは?痛みや効果、メリットなどについて解説します。

バルジ領域にダメージを与える施術

多くのクリニックでは、毛根部分などにレーザーの光を照射しています。
根元部分は細胞分裂も盛んなのですが、そこにレーザーでダメージを与えているのです。しかし根元の部分にダメージを与えますと、輪ゴムで弾くような痛みが生じる事も多いです。
それに対して蓄熱式脱毛の場合、根元に対してダメージを与えるのではありません。体毛は複数のパーツでできていますが、やや浅い部分にバルジ領域があるのです。
蓄熱式の場合、そのバルジ領域という箇所にダメージを与えていきます。
この方式の場合、根元の部分で熱が生じる訳ではありません。やや浅い部分で熱が生じるだけに、激痛は生じづらい傾向があります。

蓄熱式の施術は痛いのか

この蓄熱式の場合、あまり痛くないと評価されている事も多いです。
ちなみに蓄熱式の脱毛は、無痛ではありません。痛みは皆無ではありませんが、根元に対してレーザーを照射する方式と比べると、痛みの質が異なるのです。
さながら、マグカップを当てるような痛みとも言えます。熱いお茶などが入っているマグカップを肌に当てれば、もちろん熱く感じるでしょう。
それと似た痛感なのです。飛び上がってしまうような激痛ではありません。
ちなみに多くのクリニックでは、希望すれば麻酔を使用してもらう事もできます。それを併用すれば、ほぼ無痛に近い状態にすることもできますから、相談してみると良いでしょう。
また施術を受ける方によっては、精神的に不安になってしまう事があります。ですが脱毛クリニックでは、笑気麻酔を使用してくれる事も多いです。

日焼けしていても問題ない

ところで脱毛クリニックで施術を受ける場合、肌の色は要注意です。いわゆる日焼け肌の場合、施術を受けられない事が多いからです。
というのもレーザーの光は、黒い色に吸収される性質があります。メラニン色素などで肌が黒くなっていると、レーザーの光を多く吸収してしまいますから、肌トラブルが生じてしまう事も多いのです。
ですが蓄熱式の施術の場合、肌の色はあまり関係ありません。高熱を伴う訳ではありませんから、たとえ日焼けしていても施術を受けることができます。

効果を実感するのにやや時間がかかる

ただし蓄熱式の脱毛は、メリットばかりではありません。デメリットもあるのですが、その1つは効果実感です。
蓄熱式の場合、脱毛効果が実感できるのは少々時間がかかります。2週間程度で効果を実感するのは、少々難しいでしょう。
バルジ領域にダメージを与える場合、じわじわと熱を加えていく事になります。体毛に一気にダメージを与えるのではありませんから、若干時間がかかります。
ちなみに毛根にダメージを与える方式の場合、2週間くらいで効果を実感できるケースが多いです。その代わり、痛みは若干強めになります。

肌がデリケートでも施術は可能

そのようなデメリットはあるものの、蓄熱式は肌が弱い方にはおすすめです。
そもそも毛根にダメージを与えるレーザー脱毛の場合、デリケート肌では難しい事があります。
デリケートですと、肌もダメージを受けやすいからです。万が一のトラブルもあり得るので、クリニックで施術を受けられない事も多々あります。
しかし蓄熱式の場合、たとえ肌がデリケートでも問題ないクリニックが多いです。肌に対するダメージはあまり強くないので、アトピー肌でも施術を受けることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ