クリニックで使用される医療脱毛機器のアレキサンドライトレーザーについて

脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛と比較して、高い効果を期待できる医療脱毛クリニックのレーザー脱毛ですが、このレーザー脱毛にも使用されているマシンによっていくつかの種類に分けられます。

その中で、最も日本国内のクリニックで利用されているのがアレキサンドライトレーザーです。

日本では主にこのアレキサンドライトレーザー、そしてダイオードレーザー、ヤグレーザーが使われていますが、基本的な仕組みはメラニン色素に吸収される性質を持つレーザーを照射して、毛根に熱エネルギーを発生させるという点では同様です。

この熱によって毛乳頭や毛母細胞の組織を破壊して脱毛を進めていきます。

人間の皮膚は上から表皮、真皮、そして皮下組織といった層に分けられていて、3つのレーザーは波長の長さに違いがあることで照射されたレーザーが届く範囲が異なり、この中で最も短い波長であるアレキサンドライトレーザーが755nm程度、真皮にまで届くレーザーです。

脱毛効果が高いアレキサンドライトレーザーのメリット

そんなアレキサンドライトレーザーで施術を受けるメリットは、他のレーザーと比較して脱毛効果が高いところにあります。

短い波長のレーザーは拡散をしにくく、照射範囲に集中的に熱を集められることから、毛根内の細胞に効率よくダメージを与えていくことが可能です。

特に太く濃く生えているムダ毛にはより反応しやすいため、ワキやVIOなどの処理に高い効果を発揮します。

さらにこの短い波長のレーザーはフェイシャルケアにも利用されています。

真皮はコラーゲン生成に深く関わる層で、この部位に熱を与えることで細胞を活性化、脱毛と同時に保湿ケアを行ったり、メラニンに反応をする性質からシミを薄くするといった美肌作用を期待することができるのです。

これは、他の2つのレーザーと比較しても優れた性質で、脱毛をしていく中で少しずつ肌の調子が向上したと感じるかたの声が多く聞かれます。

あくまでも副次的な効果ではありますが、肌にハリを与えたり毛穴を引き締めたいといったかたに人気のあるレーザーです。

また、アレキサンドライトレーザーが国内で導入されたのが1990年代後半、医療レーザー脱毛がクリニックで開始された当初からあり長い実績を誇ります。

それだけたくさんの方が施術を受け続けてきたということもあり、効果においても安全性においても信頼性が高いものです。

アレキサンドライトレーザーのデメリット。産毛や色の薄いムダ毛には向いていない

ただ、メリットばかりではありません。太く濃いムダ毛には高い効果を期待できるアレキサンドライトレーザーですが、メラニンに反応しにくい産毛や色の薄いムダ毛の処理については、その効果が衰えてしまいます。

顔や背中、二の腕などが顕著ですが、手足に関しても脱毛し始めた当初はムダ毛の減りを実感しやすいものの、少しずつ細く頼りない毛になってくると変化が緩やかに感じてくることも少なくありません。
こうしたムダ毛に関しては、ダイオードレーザーやヤグレーザーのほうが処理を得意としています。

また、メラニン色素に強く反応を示すことから、日焼けが著しい肌や色素沈着をしている肌にも施術をすることができません。
火傷などの肌トラブルを起こすリスクが高くなるため、安全性を考慮して施術を断るクリニックが多くなっています。
この場合も、日焼け肌でも施術ができるヤグレーザーや、蓄熱式脱毛器などを利用して対処が可能です。

アレキサンドライトレーザーは可能な限り早く脱毛効果を得たいかた、同時に美肌ケアをしたいかた、そして、長い実績を誇る脱毛器で安全に施術を受けたいかたに向いているレーザーになります。

痛みに関しては麻酔で対処が可能ですが、日焼けをしているかたや色素沈着が気になるかたは、一度医師に相談をしてから施術を開始してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ